ツアー&プロジェクト

  • ツアー&プロジェクト

クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)

来日時期: 2020年1月
ドイツ・シレジア地方の都市ブレスラウ(現ポーランド・ヴロツワフ)に生まれ、ピアノをエリーザ・ハンセン教授に師事、青年時代数々のコンクールに入賞。1965年クララ・ハスキル国際コンクールで優勝、ソリストとしてのキャリアの原点となった。以来、世界各地のコンサートホール、オーケストラから招かれる中でジョージ・セルと出会いクリーヴランド管弦楽団の演奏旅行のソリストに任命される。さらにヘルベルト・フォン・カラヤンとも数々の共演を重ねた。ハンブルクで指揮の勉強を修了、そして二人のマエストロとの出会いの影響は彼を自然に指揮者への道へと導いた。1972年に指揮活動を開始、1975年にサンフランシスコ交響楽団でデビューを飾った。 エッシェンバッハは今や、ヨーロッパおよびアメリカの全ての一流オーケストラを指揮している。これまでチューリヒ・トーンハレ管弦楽団音楽監督、ヒューストン交響楽団首席指揮者、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団首席指揮者、パリ管弦楽団首席指揮者、フィラデルフィア管弦楽団音楽監督、ワシントン・ナショナル交響楽団音楽監督を歴任。2019/20年シーズンからベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者に就任することが発表された。 1978年に初めてオペラを指揮して以来、エッシェンバッハは世界の主要歌劇場に定期的に招かれている。ヒューストン・グランド・オペラでの数々のプロダクションをはじめコヴェントガーデン、バスティーユ、シャトレ座、メトロポリタン、シカゴ・リリック、バイロイト、ザルツブルク、そしてウィーン国立歌劇場でモーツァルトからワーグナー、R. シュトラウス、そしてヒンデミットまで幅広いレパートリーを指揮している。 ザルツブルク、バイロイト、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、タングルウッド、ハリウッド・ボウルなど欧米の著名音楽祭にも頻繁に招かれている。ラヴィニア音楽祭音楽監督、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭芸術監督も務めた。 メジャー・レコード・レーベル各社との協力のもと、エッシェンバッハは指揮者として、またピアニストとして多数のレコーディングを行っている。収録された作品には、バッ ハ、ブラームス、ベルリオーズ、グリーグ、マーラー、メンデルスゾーン、メシアン、サン=サーンス、シュトラウス、チャイコフスキーなどのものが含まれているほか、ベルク、シェーンベルク、ヒンデミット、シュニトケ、ルーリー、ピッカー、ロウズ、グラス、アダムズ、ピンチャーなどの近現代作曲家の作品にも優れた録音がある。 これまでフランスのレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ、芸術文化勲章コマンドゥール、ドイツの国家功労勲章、エルンスト・フォン・ジーメンス賞等を受賞している。