ニュース

2019/12/11 大野和士が第57回レコード・アカデミー賞管弦楽曲部門を受賞

このほど、大野和士とバルセロナ響が録音、制作したアルバム「ピカソとバレエ」が2019年度第57回レコード・アカデミー賞管弦楽曲部門を受賞いたしました。本アルバムは、ピカソも舞台美術として携わったディアギレフのロシア・バレエ団がファリャ、ストラヴィンスキー、サティ、ミヨーといった当時の気鋭の作曲家たちに委嘱したバレエ作品を集めたものです。レコード・アカデミー賞は『レコード芸術』が毎年行っている、その年最も優れたディスクに送られる賞です。12月18日発売の『レコード芸術』1月号では特集が組まれ、大野和士のコメントも掲載される予定です。ぜひご期待ください。

詳しくは、音楽之友社HPキングインターナショナルHPをご覧ください。