ニュース

2017/11/28 大野和士 フランクフルト歌劇場 ≪Der Mieter(借家人)≫世界初演で大成功

フランクフルト歌劇場で11月12日に世界初演を迎えた、大野和士指揮によるオペラ≪Der Mieter(借家人≫が、世界初演作品としては異例の大絶賛のもと上演が続いています。最終公演は12月7日(全7公演)。今後の活躍にどうぞご期待下さい‼

**≪Der Mieter≫公演の詳細はこちらをご覧下さい。

◇ここに各メディアによる記事を一部紹介いたします◇

フランクフルト・ムゼウムス管弦楽団の指揮者、大野和士は、ヘルマンの難しい内容についての研究を限りない卓越さを持って達成した。(ツァイト紙)
Der Dirigent des Frank furter museumsorchesters, Kazushi ono, er möglicht Herrmanns diffizile Fallstudien mit größter Souveränität. --Die Zeit--

オーケストラは大野和士の指揮のもとで、ごうごうとした音の爆発からお化け屋敷のシンとしたような沈黙にいたるまで、要求するものが多いスコアを、まるで透かし細工のような精緻さで形にし、色彩づけることに成功した。
(フランクフルター・アルゲマイネ紙)
Unter Kazushi Ono spielt das Orchester Herrmanns anspruchsvolle Partitur plastisch und farbig an den filigranen Stellen ebenso wie in den tosenden Entladungen als Äquivalent zum Schweige-Lärm im Schreckenshaus.
--Frankfurter Allgemeine--

大野和士はフランクフルトオペラ・ムゼウムス管弦楽団と共に、アカデミズムに陥いらず作品の活気を削ぐことなく、全てのスコアの詳細にわたりじっくり考え抜いた。(音楽雑誌 O-Ton)
Kazushi Ono durchdenkt mit dem Frankfurter Opern- und Museumsorchester jedes Detail der Partitur, ohne ihr durch Akademismus die Lebensgeister auszutreiben. Aus dem Graben wächst eine weitaus bedrohlichere Klangszenerie als die von der Elektronik erzeugte. --'O-Ton' Music Magazine--

大野和士は荘厳さと共感を舞台に与え、献身的な演奏と絶え間ない焦点を彼の力から引き出した。
(フィナンシャルタイムズ紙)
Kazushi Ono brings authority and empathy to the score, drawing committed playing and unremitting focus from his forces. --Finacial Times--