ニュース

2012/02/27 三浦文彰、プラハで大成功 !

すでに国際的な活躍を続ける若手ヴァイオリニストの三浦文彰だが、
26日プラハのドヴォルザークホールで行われた、ヤクブ・フルシャ指揮プラハ・フィルの
演奏会に出演し、熱狂的な喝采を浴びた。
三浦は、鳴り止まない拍手にこたえてアンコールも演奏し、聴衆がスタンディングオーヴェーションになるなど、会場中が歓声と興奮に包まれた。

コンサート後、三浦は「リハーサルの時点から意気投合してヤクブとオーケストラの音楽に対する情熱がとてもつよく伝わり、一人一人の作り出す音の集結がすごかったです。日本でのコンサートもすごく楽しみです。」と語っている。
この熱気をそのまま伝える彼らの日本ツアーは、間もなく。

詳細はこちらから。