ニュース

2011/09/13 三浦文彰、香港デビュー!

国際的活躍を続ける若手ヴァイオリニストの三浦文彰が、このほどアレッサンドロ・クルデール指揮香港シンフォニエッタと共演して香港デビューを飾った。
曲目は、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番。三浦の渾身を込めた演奏に、会場は熱狂に包まれた。
この夏、三浦はウィーン室内管との共演、ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、イギリスのメニューイン・グシュタード音楽祭などに参加して好評を博している。