ニュース

2011/05/24 大野和士、バーミンガム市交響楽団の「復活」で大成功。サカリ・オラモの急病を救う。

マーラーの後誕100周年にあたる5月18日、大野和士が急病のサカリ・オラモに代わり バーミンガム市交響楽団の定期演奏会に出演、マーラーの交響曲第2番「復活」を指 揮しました。
大野は代役の依頼を公演の3日前に受け、滞在していたアメリカから急きょバーミン ガム入り、たった1日の練習を経て本番に臨みました。
地元紙は「卓越した指揮者が『復活』を完全にコントロールしていた事は、喜びを超 えて、法悦に近い」、「まさに電撃的な『復活』」と大野の演奏を絶賛しました。

詳しくはこちらまで。