ニュース

2011/01/24 ソプラノ 中嶋彰子 初のオペレッタ・アリア集「ウィーン、わが夢の町」 CDリリース決定!

オペレッタの殿堂ウィーン・フォルクスオーパーの専属歌手として活躍するなど、ウィンナ・オペレッタのスペシャリストとしても知られる中嶋彰子の初のオペレッタ・アリア集がグラモーラ・レーベル(オーストリア)よりリリースされました。

共演は中嶋が全幅の信頼を寄せる二ルス・ムース指揮モルフィング室内管弦楽団。
「ヴィリアの歌」、「ウィーン、わが夢の街」、「美しく青きドナウ」などのおなじみのレパートリーから、大正時代に日本で流行したスッペの「恋はやさしい野辺の花よ」を日本語で収録したほか、ナチスの手を逃れてアメリカに渡った作曲家、ユルマンの映画音楽も収録。
中嶋とムースならではの意欲的な選曲となっています。
日本ではマーキュリーより2月17日に発売される予定です。(GRML98908)

「ウィーン、わが夢の街」プロモーション映像