ニュース

2010/09/ 3 大野和士指揮東京都響とデビュー25周年記念演奏会を行った小山実稚恵

ピアニストの小山実稚恵がデビュー25周年を迎え、その記念の演奏会が行われた(9月3日・サントリーホール)。日本人としてチャイコフスキー・コンクール第3位(1982年)、ショパン・コンクール第4位(1985年)と、2つのメジャー・コンクールで上位入賞を果たすという快挙を遂げた小山が、この記念演奏会で選んだのはブラームスの2つのピアノ協奏曲という重量級のプログラム。チケットは完売、会場はたくさんの聴衆で埋め尽くされた。 (「音楽の友」11月号より抜粋)