アーティスト

青木涼子 声楽

プロフィール

東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。ロンドン大学東洋アフリカ学院博士課程修了。「女性と能」についての論文で博士号(Ph.D)取得。平成27年度文化庁文化交流使。港区観光大使。
これまでに、湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫、ステファノ・ジェルヴァゾーニなど世界の主要な作曲家と共同で、能の声楽である「謡」を素材にした新しい楽曲を生み出し、国内外で広く発表を行っている。2010年より世界の作曲家に委嘱するシリーズNoh×Contemporary Musicを主催しており、2014年6月にはデビューアルバム「能×現代音楽」 (ALCD-98)をリリースした。
2007年湯浅譲二を監修に迎え、コンサート"音楽×音曲"を開催。神奈川県芸術文化財団主催アートコンプレックス2008(一柳慧プロデュース)に出演。2010年ニューヨークのクセナキス・フェスティバルに招待され、ニューヨークタイムズ紙上でも好評を得る。2011年ドイツ、ミュンヘンにてミュンヘン室内管弦楽団と共演。2012年には地元大分にて、アルディッティ弦楽四重奏団と共演。他にもドイツのZKM、ベルリンAsia-Pacific Weeks、ベルリン高等研究所、ケルン日本文化会館、フランスのパリ日本文化会館、パリ国立高等音楽学院、イタリアのヴィラ・メディチ、ローマ日本文化会館、ハンガリーのバルトーク・フェスティバル、CAFe BUDAPEST、Budapest Music Center、マドリード国立音楽堂、スペインのBBVA財団、文化庁主催日中韓芸術祭、東京オペラシティ、横浜みなとみらいホール、浦安音楽ホール、白寿ホール、ムジークフェストなら、京都国際舞台芸術祭、武生国際音楽祭等に招待され、公演を行っている。
またその活動は、国内外のテレビ、ラジオ、雑誌、新聞の各種メディアに多数取り上げられており、2017年春の三越伊勢丹JAPAN SENSESのメインヴィジュアルに起用されるなど、幅広く活躍している。
世界的なオペラ・ハウスへの出演も果たしており、2013年マドリード、テアトロ・レアル王立劇場にジェラール・モルティエのキャスティングのもと、ヴォルフガング・リーム作曲オペラ《メキシコの征服》(ピエール・オーディ演出)のマリンチェ役でデビュー、各紙で絶賛された。また彼女のための舞台作品も作られており、馬場法子作曲《Nopera AOI葵》を2015年にフランス、パリで世界初演、2016年にランス、オルレアンで再演を行った。また、あいちトリエンナーレ2016で、オレリアン・デュモン作曲オペラ《秘密の閨》の世界初演を行った。
2017年にはパリ・フェスティバル・ドートンヌ、ケルン・フィルハーモニーにて細川俊夫作曲、平田オリザ台本の室内オペラ《二人静ー海から来た少女ー》をアンサンブル・アンテルコンタンポランと共に世界初演を行った。2019年にはトロントと韓国・トンヨン国際音楽祭にてそれぞれ別演出のプロダクションにも出演。
2018年にはフェデリコ・ガルデッラ作曲のオーケストラ曲「TwoSouls」をソリストとしてフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団と共に世界初演、2019年に広島交響楽団と共に改訂版世界初演を行った。2018年にアムステルダムでロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と共に、馬場法子「ハゴロモ・スイート」をヨーロッパ初演した。2019年にペーテル・エトヴェシュ「SecretKiss(くちづけ)」をスウェーデン、ヨーテボリで世界初演後、ポルトのカーサ・ダ・ムジカ、マドリードの国立音楽堂で再演を行った。日本初演は2019年3月に東京文化会館で平田オリザによる演出で行った。9月にベルリン・フィルハーモニー、ケルン、ブダペストでの再演が予定されている。