アーティスト

湯浅卓雄 指揮

プロフィール

現在、最も国際的な活躍が目覚しい日本人指揮者の一人である湯浅卓雄は、大阪に生まれ、高校卒業と同時にアメリカに留学。シンシナティ大学音楽院作曲理論科を経て、ウィーン国立音楽大学指揮科でハンス・スワロフスキー、フランコ・フェラーラ、イーゴリ・マルケヴィッチ、ロヴロ・フォン・マタチッチに師事。

1976年 ウィーン・トンキュンストラー管弦楽団を指揮してデビュー。1979年 フィテルベルク国際指揮者コンクールに入賞。欧州各地で着実に実績を重ねる一方、1984年から5年間、群馬交響楽団指揮者を務めた。 1989年から1994年までBBCスコットランド交響楽団首席客演指揮者、1997年から2005年まで英国・アルスター管弦楽団首席客演指揮者を歴任。

ロンドン・フィル、フランス国立管、オスロ・フィル、ラハティ響、ベルリン響、シドニー響、ニュージーランド響など各国の主要オーケストラに度々客演。海外での充実した活動に加え、日本国内でも各主要オーケストラと共演を重ねている。

1996年、世界有数の流通量を誇る『ナクソス』と専属契約を結び、次々とリリースされるCDにおいても高い評価を獲得している。

2007井植文化賞文化芸術部門受賞。

現在、東京藝術大学、演奏芸術センター教授。