アーティスト

福田進一 ギター

プロフィール

 1955年大阪船場に生まれる。12才より故 斎藤達也に師事。77年に渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院でアルべルト・ポンセ、シエナ・キジアーナ音楽院でオスカー・ギリア、両名教授に師事した後、1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で輝かしい賞歴を重ねた。

 以後35年、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協奏曲、超一流ソリストとの室内楽共演を続け、世界を舞台に意欲的な活動を展開している。
近年では、キューバの巨匠レオ・ブローウェルから協奏曲「コンチェルト・ダ・レクイエム」を献呈され、2008年コブレンツ国際ギターフェスティバルにてライン州立響と世界初演、引き続き作曲家自身の指揮によりコルドバ管弦楽団(スペイン)と再演。2011年10月には、ブラジルのサンパウロで開催された第3回ブローウェル国際フェスティバルでは、作曲者指揮サンパウロ交響楽団と南米初演し大成功を収めている。
シーズン2017〜2018年にはスペイン、ロシア、北米へのツアーが予定されている。

 また演奏活動の傍ら、教育活動にも力を注ぎ、その門下から鈴木大介、村治佳織、大萩康司といったギター界の実力派スターたちを輩出。それに続く次世代の名手たち、益田正洋や朴葵姫らにも強い影響を与えている。現在、上海音楽院、大阪音楽大学、広島エリザベト音楽大学、昭和音楽大学の客員教授を務める。
2015年5月には、スペイン・アリカンテ大学マスターコースの教授として、バルエコ、ラッセル、アサド兄弟らと共に「現代のマエストロ」として招かれた。

 ディスコグラフィーはすでに90枚を超え、スペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」が、平成15年度第58 回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。代表作は「福田進一 アランフェス協奏曲」(共演:飯森範親指揮ヴュルテンベルグ・フィルハーモニー管弦楽団/日本コロムビア)、「ヴィラ=ロボス作品集」、「ソル作品集」等。2011年より、マイスター・ミュージック「バッハ作品集」のリリースを開始、2017年までに5作を発表。2014年にはナクソス・レコードより「日本のギター音楽シリーズ」をワールドワイドでリリース開始。

平成19年度、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により、外務大臣表彰を受賞。また、平成23年度 第62回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

東京国際、イタリア・アレッサンドリア国際、GFA(全米)国際、ポーランド・ヴロツワフ・ギターマスターズなど、名だたる国際ギターコンクールの審査員を歴任している。